車 買取


僕がこのサイトで言いたいことはたった一つ。

車の買取ではプロの口車に乗せられるな!

ということです。そのために僕の失敗談を書いておきます。

僕は車の買取ではとっても嫌な思い出があります。おそらく20万円くらいは損をしたのでは?と思っているので、それ以後は絶対に同じミスはしないようにと思っています。

僕のミスは、車を買う時に購入先(ディーラーや中古車販売店)に下取りで引き取ってもらったことです

前回下取りに出したのはかなり型落ちしているトヨタのカローラワゴンなのですが、下取り額は0円でした。処理費用がかからないだけお得!と当時の僕は思っていました(たしかディーラーの人に言われたはず…)が、全くの無知が故に大きく損をすることとなってしまいました。

というのも、僕の友達が、走行中の異音が大きく廃車にしようかと思っていたワゴンRを買取サイトを使って売却したところ、なんと15万円で売れたのです

単に、色んな買取業者の見積もりをとって、その中で一番高い値をつけたところへ売るという簡単な方法をとっただけでこれほどまでに差が生まれてしまいました。しかも、その友人はサイトに車の情報を入力するだけで、複数社の見積もりを得ることができたのですから驚きです。

こうしたサイトのサービスを知っていたら今まで下取りに出したことのある車も0円ではなく十数万円で売れたことと思うと悔しくて仕方ありません。ということで、これから車の買取先を探している方は、直接ディーラーなどへ下取りへ出さずに、ネットでできる一括査定サービスを利用した方が良いと思います。

友達から聞いた使いやすい一括査定サービスを載せておきます。次回のために私も色々と特徴を調べてみたので書いておきます。

1位 カービュー

カービューの公式ページ

■提携企業数:212社
■大手有名企業例:アップル、カーチス、ガリバー、カーセブン、ビッグモーター、T-UP、ラビット

提携企業の欄には、ガリバーやアップルなど多くの人が名前を知っている有名企業がずらりと並ぶカービューは是非とも利用しておきたいサービスです。

比較的大手が高値をつける傾向にありますが、必ずしもそうとは言えないのが車の買取額ですので、カービューを基本として抑えつつも他のサービスと併用するのが賢い利用法だと思います。

カービューの公式ページ

2位 カーセンサー

カーセンサーの公式ページ

■提携企業数:不明(雑誌「カーセンサー」の運営会社によるサービスであることから多くの企業が提携中。)
■大手有名企業例:アップル、カーチス、ガリバー、ビッグモーター

超有名中古車情報誌「カーセンサー」を発行するリクルート社が運営している一括見積り取得サービスなので、提携企業数は未掲載ながらも多数の提携先があるようです。

大手の名前はカービューよりも少ないようですが、全国の中古車ネットワークの強みを生かしたサービス展開をしているのでこちらも使っておきたいサービスとなっています。

カーセンサーの公式ページ

3位 ズバット

ズバットの公式ページ

■提携企業数:189社(2015年12月現在)
■大手有名企業例:アップル、カーチス、ガリバー、カーセブン、ビッグモーター、ラビット

ここ3ヶ月で35社の提携数が増加している拡大率が著しいサービスです。提携企業もカービュー並みに大手の有名どころが名を連ねています。

独自のキャンペーンも充実(現金が当たる)しているので、他のサービスで同額であればズバット経由で売った方がお得ですね。キャンペーン情報も併せて確認しておくと良いことがあるかもしれませんね^^

ズバットの公式ページ

4位 かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドの公式ページ

■提携企業数:49社(提携査定会社の一覧より)
■大手有名企業例:アップル、ガリバー、カーセブン、ビッグモーター

全てが掲載されていないのかもしれませんが、企業提携数は49社と前述のサービスよりも少なめですが、わずか45秒で査定が完了する項目なのでこちらも査定申し込みをしておきたいところです。

どの企業があなたの車を最も高く買うのかは、状況次第で変わる訳ですから。

かんたん車査定ガイドの公式ページ

5位 楽天

楽天(車査定)公式ページ

■提携企業数:不明
■大手有名企業例:アップル、カーチス、ガリバー、カーセブン、ビッグモーター

楽天も車の査定サービスを展開しているようです。こちらも1分程度で入力が完了する簡単なフォームですので登録しておく方が良いかと思います。

たった5ポイントですが、査定をするだけで楽天ポイントが貰えますしねw 買取りまで進むと3,000ポイントが貰えます。

わずかではありますが他のサービスと同額であればポイント分はお得になりますね。(確実に貰える3000ポイントと、抽選の10万円のどちらを選ぶか?といった問題も発生するかもしれませんね)

楽天(車査定)公式ページ